国際展示場・東京ビッグサイトそば、「ホテルサンルート有明」

ホテルサンルート有明建物外観

出張の目的は、本社・支社での会議、取引先との打ち合わせなど様々ですが、展示会などのビジネスイベントへ参加するために出張するケースもあるかと思います。今回は、そういったビジネスイベントが多く開催される日本最大のコンベンションセンター・東京ビッグサイト(東京国際展示場)近くの「ホテルサンルート有明」に泊まってみました。

2009年オープン、出張に利用しやすいホテル

今回宿泊した「ホテルサンルート有明」は、2009年にオープンした有明では新しいホテルです。全790室、シングル564室、ダブル31室、ツイン195室と部屋数が豊富で、レディースフロアも設置されています。客室は、スタンダードシングルで17.3平米と、都心のビジネスホテルにはない広さがあり快適に過ごすことができました。また、広い机、ズボンプレッサーなど、ビジネスでの利用に適した設備がちゃんと室内に揃っていました。

ただ一方、周辺の飲食店が少ないなど、有明という立地であるための不便な面もありました。

それでは、実際に宿泊した様子は、以下から。

東京ビッグサイトから徒歩約5分の位置

東京国際展示場(通称:東京ビッグサイト)をはじめとする施設やオフィスビル、ホテルなどがある有明に位置する「ホテルサンルート有明」。東京ビッグサイトまでは徒歩約5分、りんかい線・国際展示場駅とゆりかもめ・国際展示場正門駅が最寄り駅になります。

今回は、りんかい線の国際展示場駅を利用します。

国際展示場駅で降りると改札口はひとつしかありませのんで、そちらへ向かいます。

国際展示場駅

改札を出ると、「ホテルサンルート有明」は3番出口という案内。

ホテルサンルート有明は3番出口

出口を出ると、こんな感じでホテルが見えるので、建物に向かって歩きます。

駅から見るホテルサンルート有明

国際展示場駅からホテルまでまっすぐ行こうとすると、パナソニックセンターという施設が手前にあるのですが、

公式サイトのアクセスのページでは、

りんかい線 国際展示場駅徒歩3分
改札を出て右手出口を出てパナソニックセンター内通路をご利用いただくか、屋根付歩道中ほどより右手に曲がりパナソニックセンター通過後横断歩道をお渡り下さい

となっており、日中であればパナソニックセンター内の通路を通り抜けられます。

まずは、チェックイン

ホテルの中に入ると、こんな感じで、かなり広いフロントになっています。宿帳の記入、支払、カードキーと朝食券を受け取り、チェックイン。支払は前金制で、フロントでの支払になります。領収書はチェックアウト時に発行されるとのこと。

フロント

フロントの横にこんな感じで精算機があったのですが、これはチェックアウト専用。カードキーを入れ、追加料金があればそのままマシンで精算、領収書が発行され、チェックアウト完了という流れになっていました。

チェックアウトマシン

それでは、部屋に向かいましょう。

セキュリティエレベーターになっていますので、エレベーター内でカードキーをかざしてから行き先階のボタンを押します。

セキュリティエレベーター

エレベーターを降りたら、こんな感じの廊下を通り、

廊下

カードキーをかざして、部屋の中へ。

カードキーで解錠

客室は充分な広さ

今回宿泊する部屋は、17.3平米、ベッドが幅140cmのダブルベッドのスタンダードシングル。

客室内へ

キーホルダー

扉を開けるとすぐ横が、ハンガーなどのスペース。

ハンガースペース

ハンガーのほかに、ブラシ、消臭スプレー。

ハンガーなど

靴べら、スリッパ、荷台、ズボンプレッサーがあります。

ズボンプレッサーほか

客室は、17.3平米あることもあり、都心の低価格帯のビジネスホテルにはないゆとりがあります。2009年オープンとまだ新しいこともあり、基本的にキレイ。よく見ると壁紙やカーペットにキズや汚れがほんの少しありますが、ほとんど目立たず気になりません。

全体的に落ち着いたデザイン。照明は、電球色。ホテルとしては一般的な明るさで、オフィスや一般家庭と比べると若干暗めという感じです。

客室内イメージ1

客室内イメージ2

客室内イメージ3

客室内イメージ4

机は、窓側にあり、幅は部屋の幅いっぱいの215cm、奥行きが55cmと充分な広さがあります。この机のうえに26インチのテレビがのっています。

広い机

机の上のコンセントは、2口。コンセントはほかに、冷蔵庫の下に2口、ユニットバス前の壁に1口、ユニットバス内に1口。

机コンセント

机の上には、スタンド、テッィシュ、トレイ、鏡。

机上備品

案内などのほかに広告的なPOPなどがやたら机のうえにあり、ちょっと邪魔ですが、適当に端に寄せて机の上のスペースを確保。

机上POP

椅子は高さ調整ができないのが残念ですが、適度な堅さがあり、仕事をするにも問題ありません。

机と椅子

パソコン、書類などをひろげても充分な広さがあります。

広々な天板

LANケーブルは引出の中。

LANケーブル

テレビの下、扉を開くと、冷蔵庫など。

テレビの下

湯沸かし、グラス、カップ、お茶。

湯沸かしなど

空の冷蔵庫。

冷蔵庫

高さ・材質が異なる枕が2つあり、好みの枕を選べます。

枕

ベッドボードのところが、ちょとした棚になっており、時計、メモ、電話がある。

ベッドボード棚

ナイトウェアは、ワンピースタイプ。

ナイトウェア

エアコンは個別空調。最近のビジネスホテルによくある空気清浄機はありません。加湿器をフロントで借りることができます。

エアコン吹き出し口

エアコンのリモコン

エアコンのリモコン

ベッドは、140cm幅のダブルベッド、シモンズ社製。

シモンズのベッド

バスルームは広くゆとりがあります。

バスルーム

シャワー付きトイレ

バスタブもゆとりがある広さ、大きく深さもあります。

広いバスタブ

シャワーヘッド

シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ

ソープ類

歯ブラシ、カミソリ、くし、麺棒、ボディスポンジ

アメニティ1

アメニティ2

共用部には、コンビニなど

ホテル内の共用部の施設は、いたってシンプルです。

2階にコンビニ、店内にはATMもあります。

2階のコンビニ

自販機コーナーは、各階にあります。

自販機コーナー

コインランドリーは、3階、8階、15階にあり、レディースフロアー専用のコインランドリーもあるようです。

コインランドリー

2階にレストラン、1階にはカフェバー。

2階のレストラン

朝食は、和洋食のバイキング

朝食は、2階レストランでの和洋食バイキング。公式サイトでは、大人1,470円になっています。素泊まりと朝食付きの宿泊プランの価格差は、1,365円になっています。朝食付きの宿泊プランにすると若干安くなるようです。料理の種類は豊富です。

こんな感じで、サラダ、果物も色々。

朝食フルーツ

パンの種類も色々、白米はもちろんお粥などのご飯もあります。

朝食パン

ドリンク各種。

ドリンクコーナー

おかずも豊富です。

バイキング料理

こんな感じで、ちょっと食べ過ぎちゃいました。

朝食盛りつけ

なお、1階のカフェバーでは500円の軽朝食のセットがあるようです。あと、周辺にはファーストフード店が一部ありますが、それ以外には朝食をとれるお店はほとんどありません。

周辺の利便性はよくない

今回宿泊した「ホテルサンルート有明」がある有明は、埋立地に、ホテル、オフィスビル、複合施設などが建設された地域です。このため、普通の町中にあるような商店や飲食店はほとんどありません。また、同じりんかいエリアの台場周辺のようなレジャー施設もありません。

有明風景1

例えば、今回宿泊した部屋の向かいは、オフィススペース、貸ホール、研修室・会議室などからなるTFT(東京ファッションタウン)ビルという施設です。

窓からの景色

各施設内のテナントやホテル内の飲食店があるものの、朝食時間帯に営業をしているお店はかなり少なく、夕食を手軽に済ませられるお店も多くはありません。また、各施設の間に距離があるため、歩いて回るにも難があります。こんな感じで、周辺の利便性はおせじにも良いとはいえません。

有明風景2

以上、「ホテルサンルート有明」の宿泊ですが、ホテルと客室そのものは快適で満足しました。ただ、ホテルを一歩出ると周辺は不便ですので、その辺りを理解して利用するのがいいかと思います。

あと、宿泊料金ですが、場所柄、東京ビッグサイトで集客力のあるイベントがあるときは高くなるようです。逆に、イベントがないときは、かなり安く宿泊できますので、そういったタイミングで利用するのもいいかと思います。


ホテルサンルート有明